Maya PySide2 / PySide チュートリアル 初学編 ③ – シンプルなウィンドウ

python,qt,PySide,PySide2,Tutorial

このチュートリアルはシンプルなウィンドウを表示する方法を学んでいきます
とてもシンプルですがPySideの基本となります

try:
    from PySide2.QtWidgets import *
except ImportError:
    from PySide.QtGui import *

widget = QWidget()
widget.resize(400, 270)
widget.setWindowTitle("Simple")
widget.show()

上のコードでは、画面に小さなウィンドウを表示できます

from PySide2 import QtWidgets

ここでは、必要なインポートを行っています。基本的なGUIウィジェットは、QtWidgets(PySideではQtGui)にあります。

widget = QWidget()

QWidget(QWidget *parent = nullptr, Qt::WindowFlags f = Qt::WindowFlags())

QWidgetクラスは、すべてのユーザーインターフェースオブジェクトの基本クラスになります
親ウィジェットに埋め込まれていないウィジェットをウィンドウと呼びます
通常、ウィンドウにはフレームとタイトルバーがありますがQtCore.Qt.FramelessWindowHintなどのウィンドウフラグを使用することで、装飾のないウィンドウなども作成することも可能です

widget.resize(400, 270)

QWidget::resize(int w, int h)

resize()メソッドは、セッター関数でウィジェットのサイズを変更しています。ここでは幅400px、高さ270pxに変更しています。

widget.setWindowTitle("Simple")

windowTitle : QString

ここでは、ウィンドウのタイトル(キャプション)を設定します。キャプションが設定されていない場合、タイトルはwindowFilePathになるためMayaの場合はMaya-<version>のような名前になります
20210817_02

widget.show()

QWidget::show()
show()メソッドは、ウィジェットとその子ウィジェットを表示できます

Maya PySide2 / PySide チュートリアルのこのパートでは、シンプルなウィンドウを表示する方法を扱いました

次はMaya PySide2 / PySide チュートリアル 初学編 ④
前はMaya PySide2 / PySide チュートリアル 初学編 ②